スポンサードリンク



必勝株取引情報

しっかりした情報を持って投資に向かう

投資の情報にはさまざまなリスクが潜んでいます。また、ちまたには、本当に多くの情報が飛び交い、どれを選んだらいいのか、本当に困ってしまいます。

また、その有効性についても、試してみないことには、わからないというのが、一番困ったところです。

まず、いくつかに絞り込んで、情報を徹底比較。ここからがスタートだと思います。そして、最終決断の後は、まず結果が出るまでは続けることでしょうか。

そこまで見越して、決断することが重要です。リスクは覚悟でやってみないことにはわからないのです。

始める価値があるか、どうか。おいしい話の部分だけに目を奪われることなく、しっかりとした選択の目を持つことも重要です。


勝ち株ナビ

業界屈指のプロフェッショナル推奨銘柄情報

会員には毎週「無料情報1銘柄」を提供。初心者の個人投資家からベテランの投資家まで、的確な投資情報を提供します。

無料推奨銘柄・国内外のマーケット情報・有名投資家のコラムや市況など、株式投資に役立つ無料コンテンツが利用できます。会員登録はメールアドレスを入力するだけです。

→勝ち株ナビの詳しい説明を見てみる


メルトレ

機関投資家レベルの投資情報を個人投資家に配信します。

情報を制した者が株に勝ちます。絶対、塩漬けにはしません。推奨銘柄はどんどん入れ替えて投資効率を高めていきます。

基本は短期トレードです。買いも売りも強制されない気楽さが心地いいです。相場の先読みアナリストレポート拾い読みを毎日配信します。

→メルトレの詳しい説明を見てみる


株式投資スクール マナカブ.com

現役トレーダーの直接指導が受けられる、少人数制の株式投資の学校です。

着実に利益を上げていく実践的な株式投資手法が学べます。株初心者からスタートできる株式投資の基本から始めます。

短期上昇する銘柄の分析法が学べます。エントリータイミング、資金管理、利食いタイミングを学び、年利30~80%を安定的にたたき出す独自のノウハウを手に入れます。

→株式投資スクール マナカブ.comの詳しい説明を見てみる


常勝株ジャーナル

個人投資家の強い味方になります。圧倒的な投資情報力で、初心者からベテラン投資家まで、的確な投資情報が提供してもらえます。

会員登録をすると、推奨銘柄や市況情報、コラム・メールマガジンなど、株式投資に役立つ無料コンテンツがとことん利用できます。会員登録はメールアドレスを入力するだけです。

→常勝株ジャーナルの詳しい説明を見てみる


自分の勘に頼るのは危険

株でうまく行かない人にはいくつかの典型的なパターンが考えられます。それをいくつかチェックしてみます。

まちがった資金で取引してしまう

株式投資はあくまで余剰資金でした方がよいです。余剰資金とは、極端に言えばなくなっても困ったりしないお金となります。

もし使う予定があるお金を増やそうと思って投資を始めてしまうとなると、「なんとしても勝たないといけない」という焦りが生じ、非常に悪い心理となります。


スポンサードリンク



焦りは株価の読み間違いの要因となり、儲けを出す事が難しいかもしれません。

利益確定できない

例えば株価3200円で買ったものが、3300円に値上がりをしていたら、 100円の儲けとなってきます。

100株の取引であれば、10000円の儲けとなります。 しかし、3300円に上がったときに「もう少し高くなるだろう」と思って決済しなかったばかりに3280円に下がってしまい、「また3300円台に戻るだろう」と思って値上がりを待つうちに、株価は3150円まで落ち込んでしまう。

このように、利益が出ているうちに思い切った利益確定をすることができかねる人は、株で儲ける事は厳しいです。

損切りできない

例えば3200円で買った株が、3100円にまで減少しました。このとき「また値が戻ってくるだろう」と思っている間に株価は3050円、 3000円、2900円、2700円・・・と下がり続けた場合、最終的には深刻な損失が出てしまいます。

リーマンショックなどの世界同時株安のとき、「損切りできない」非常に多くに人が、泣きを見ることとなってしまいました。

このように、損失が出たときに、早い段階で思い切った決済が出来る人でなれば、株で儲けて行く事は厳しいです。





勝ち株ナビ

勝ち株ナビ・アドバイサー藤井英敏

東証大型株も新興小型株もIPOもすべてに強い、業界屈指のプロフェッショナルです。
推奨銘柄情報

定期的に推奨銘柄の情報を公開しています。社会情勢判断を踏まえた分析と独自の解析プログラムを用いて、推奨銘柄を厳選して公開します。

メールマガジン

ファイナンシャルプランナーによるコラムを配信。またメールマガジンを随時発行し、市場動向や推奨銘柄情報のお知らせなど。価値ある内容が届きます。

株式市況情報

株式市場取引に役立つ市況情報をサイト上に掲載しています。こちらも投資の際のサポート情報として役く立つことでしょう。

プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析

推奨銘柄の選出のために、立拠を異にする複数のチェックポイントを経て、その時点で最善のスクリーニングを尽くした銘柄情報を発信しています。

データ・メソッドをフル活用した解析プログラム

ファンダメンタル分析では、焦点の合わなかった意外な銘柄の大きな期待値をあぶり出し、サプライズな投資パフォーマンスを狙うことができます。

社会情勢判断を踏まえた高度な分析

売却益・配当益の大切さを見極める前に、市場全体の次の姿を見抜きます。必要に応じて、社外ブレインにも確認を取りながら、ポジションを決定していきます。






メルトレ

寄り付き前の外資系証券注文状況がわかる

オーバーナイト、寄り付き前の外資系証券経由の注文状況をヒアリング集計したデータです。

これは、売り株数と金額ベース、買い株数と金額ベース、セクターなど相場の方向性を判断するのに使われる大事な情報です。

海外投資家が連日売り向かっている相場に逆らって買い向かったところで利益が出るどころか、損を拡大するばかりです。

「木を見て森を見ず」が一番失敗しやすい投資家の陥る行動パターンです。差し引き買い越し、売り越しを知ったうえで株式取引をすることが重要です。

レーティング速報が手に入る

レーティングとは証券会社のアナリストが機関投資家向けに配布されるレポート投資情報で、主に個別銘柄の投資格付けを発表しています。

株価へのインパクトが大きくレーティング情報を元に株の売買を行う機関投資家が多いことから、とても重要な情報として有効に使えます。

個人投資家はレーティング情報の早い時間に入手困難なため機関投資家と個人投資家の情報格差があるのです。

情報を有する者が利益を求める株式投資の世界には圧倒的有利です。時間に制限のない個人投資家は利幅を小さくても何度も株売買取引を繰り返すことで短売買でリスクを抑えてながら資産倍増を目指すことができます。

メルトレ会員にはマーケットが始まる寄り付き前の時点でメールが配信されます。

今日のポジティブ&ネガティブ銘柄

その日の株価に影響のありそうな材料をまとめ、短期売買に役立つ銘柄をピックアップします。

ポジティブとネガティブなニュース、決算、証券アナリストからのレーティング、目標株価の変更、企業発表から短期売買・利益目標の注目株を配信します。

株式ネット新聞使い放題

メルトレはメール配信タイプ、株式ネット新聞はログインして記事を読む使い方になっています。

過去の記事から検索機能もあり、投資判断の変更された流れや、当時の投資テーマなどがわかり銘柄探しに役立ちます。

プレミアムコース会員なら月額7560円の株式ネット新聞が無料で利用できます。






株式投資スクール マナカブ.com

10年以上の投資経験のある代表講師中山

仕事や家事で忙しい方でも取り組めます。1週間~1ヶ月の持越しを前提とした短期のスイングトレードを教えます。

少人数体制(3~6名での授業)で、分からないところも気軽に質問できます。決算書の簡単な読み方など、自分で企業分析できるチカラが身につきます。

受講後のサポートとして、メール、再受講、質問会への参加が「無期限」で「何度でも」利用でき、利益を上げられるようになるまで、徹底的にサポートします。(料金は受講料に含まれています)

受講料の全額返金保証があります(受講完了時より最低5回の取引を行い、90日間1円の利益も出せなかった場合、受講料を全額返金します)

無料株式セミナーで学べること

株式投資で勝つ為には相当な勉強量と時間が必要だと思っていませんか。上記の受講生のように株式投資で勝っている人でも、まだ株歴が短い人はたくさんいます。

一方で、どれだけ長年株式投資をやっても勝てない人もいます。株式投資は、ある程度知識がある人の方が勝てると思われがちですが、そんなことはありません。

買って良い株、ダメな株が一目で分かる!

株式投資と考えると多くの方が難しく考えがちなのですが、実は考え方は非常にシンプルです。

普段のお買い物の延長線上と考えることが勝つためのコツです。決して自分がよく知っている会社の株から買おうなんていう稚拙なものではありません。

そんな間違えた知識が巷で売っている本などで出回るから負ける個人投資家が増えるのです。

株で負ける人の禁断の5パターン

株で失敗する人の多くが最初にハマってしまう禁断の5パターンというものがあります。

これを始めに知っていさえすればそれだけで失敗することを防ぐことが出来るようになります。多くの投資家が意外と知らない禁断の5パターンをセミナーで教えます。

チャート分析と企業分析を組み合わせた独自の投資手法

株式投資というものは「大衆の目」と「大衆と違う目」この2つの目を持たなければ利益を出すことはできません。

相場は人が取引を行う場なので常に間違いが存在してくるのです。その間違いを利用して取引を行うことこそが投資の本質なのです。

チャートだけでは丁半博打となってしまうのです。大事なことはチャートだけでなく、企業の中身を見て判断するというファンダメンタルズ分析が株式投資においては必要不可欠です。

知識や考え方、物事の見方が多方面で活かせる

中山式株式投資法は、単に株における知識を身につけるだけではなく、自然と物事の本質を見抜くための考え方が身についていきます。

株だけではなく、いろいろな物事に対して、どのような選択が正しいのかと株ではないことにおいてもその本質を見抜く目が自然と養われ考えられるようになります。






常勝株ジャーナル

圧倒的な投資情報力

市場の生の声は勿論、市場の裏まで知り尽くす人脈など、量・質ともに他を圧倒する情報力の中から本物の情報を見極める目も非常に重要となります。

長年培ってきたプロの目と独自ノウハウを元にこれまでも高いパフォーマンスを積み重ねてきています。

高い解析力

独自の人脈・ノウハウを駆使し、精度の高い情報を総合的に捉え、チャート図を用いたテクニカル分析、決算短信など業績動向をメインとしたファンダメンタル分析を行います。

さらに、長年培ったプロの目線・経験を元に、市場動向に合致したスクリーニングを行い、価値ある銘柄情報を届けます。

スピーディかつタイムリー

市況情報と銘柄個別の材料に二分できますが、どちらにおいても大切なのがスピード、さらに重要なのがタイムリーな価値を有していることです。

独自の広範な情報網、そして攻守のバランスに勘案した高い解析力が導く弊社の情報クオリティーは、売買益という投資成果の真価を発揮します。

バランスの取れた投資

株式投資は往々にして自分の好みによって投資先が偏ってしまうものです。

市場の流れを踏まえセクター・投資方法の偏りをなくし、リスクの低減をしながら、収益を上げ続けることを考えバランスの取れたポートフォリオを組むことが可能な情報を提供しています。

ビギナーでも簡単

ビギナーの方や専門知識の深くない方にも読みやすいよう、一般的な用語で説明することで誤解が生じないよう心がけています。

また、購入価格の目安、取り組み期間の目安、売却価格(目標価格)の目安、ロスカット水準、を明記していますので投資戦略の参考に活用できます。



スポンサードリンク



ページの先頭へ