スポンサードリンク



証券会社の選び方

特色はさまざま

一般的に、株は証券会社を通じてしか売買できません。したがって、株取引を始めたいと思ったとき、まずやらなければならないのは証券会社選びです。

一口に証券会社といっても、業態や特色はさまざまです。自分がどのようなサービスを望んでいるかによって、選ぶ証券会社も変わってきます。

助言がほしければ店舗取引

まず考えなければならないのは、証券会社の営業担当者から直接、投資に関するアドバイスがほしいかどうかです。

「株や企業についてまったく知識がなく、どの銘柄を選んでよいかわからない」「コンピューターが苦手でインターネット取引はできない」という人は、対面で助言をしてもらえる店舗取引がよいかもしれません。

証券会社の規模が大きい方が何かと安心だと思うのであれば大手証券、規模は小さくても地域に密着したサービスを望むのであれば中小・地場証券がお勧めです。

ただし証券会社側も少額の取引では助言に多くの時間を割いてはくれませんから、過度の期待は禁物です。店舗での取引はインターネット取引に比べ、手数料が高くなることも頭に入れておく必要があります。

証券会社のアドバイスはあくまでも参考であり、最終的な投資判断は自己責任で行うべきであることは言うまでもありません。なお電話相談であれば、ネット専業証券でも対応しています。

手数料の安さはネット取引

一方、「店舗に行く時間がない」「営業担当者とつき合うのはわずらわしい」などと考える人は、インターネット取引がお勧めです。

その場合、手数料の安さに徹底的にこだわるのであればネット専業証券、社債など株以外の金融商品を含めた品ぞろえの豊富さも重視したいのであれば旧来型大手証券のネット取引がよいと思われます。

ただしネット専業でも最近は品ぞろえを増やしているので、個別によく比べてみます。ネット取引の場合、口座を開設するだけなら無料という証券会社がほとんどなので、複数の証券会社に口座をつくり、サービスを比較してみるのもいい方法です。

売買委託手数料を比べる

「売買ごと」と「1日定額」

証券会社のサービスで最も気になるのは、やはり売買委託手数料の安さでしょう。これは株式を売ったり買ったりするたびに証券会社に支払う料金です。

特にインターネット証券は激しい値引き競争を繰り広げています。賢く利用しない手はありません。売買手数料の決め方には大きく2通りがあります。

1つは1回の売買ごとに約定代金に一定の率をかけて決める方法で、もう1つは1日に何回売買しても一定の約定代金までなら定額とする方法です。

1日に何度も売り買いを繰り返す場合は1日定額、少ない回数しか売買しない場合は売買ごとの課金が一般に有利です。

現物取引と信用取引で手数料は異なりますが、ここでは現物取引について見ていきます。

無料サービスも

約定代金のいくらからいくらまでの手数料をいくらにするかという刻みは、証券会社によってさまざまです。比較する際には、具体的な約定代金を想定してみます。

主要ネット証券5社でみると、売買ごと課金の場合、たとえば約定代金100万円の取引にかかる手数料は安い順にSBIが511円、楽天639円(レギュラーランクの場合)、カブドットコム1,039円、マネックス1,050円となります。

楽天証券は一定期間内の投資信託の平均保有残高や信用取引の平均建玉残高などに応じて翌月の手数料を割り引くサービスがあり、割引率が30%と最大のダイヤモンドランクだと上記の手数料は447円とSBIより安くなります。

一方、1日定額になると、約定代金100万円ではSBIが800円で最も安く、以下、楽天900円、松井1,050円、マネックス2,625円と続きます。

主要5社以外に対象を広げると、さらに手数料の安い証券会社もあります。ライブスター証券は約定代金100万円の場合、売買ごとで357円、定額で630円と、SBI証券を下回ります。

また、松井証券は1日の約定代金合計が10万円以下なら手数料が無料、九三証券は新規口座開設から2カ月間、売買回数や約定代金の制限なく無料で取引し放題といった無料サービスもあります。

少額投資という投資法

ミニ株

ミニ株株はすべてl株から買えるわけではなく、1.000株、lOO株といった妓低売買単位があります。

500円の株でも売買単位が1,000株だと最低でも50万円用意しないと買うことができず、ちょっと手が出ないと感じる場合もあるかもしれません。


スポンサードリンク



そんなときに役立つのが、通常の売買単位の10分の1で取引できる株式ミニ投資(ミニ株)というサービスです。

値の張りやすい優良銘柄でも、ミニ株なら本来の10分の1という手ごろな価格で手に入れることができます。

ただしミニ株は証券会社によっては取り扱っていないところがありますし、取り扱っていても希望の銘柄が含まれていない場合もあります。

また、値段を指定した指し値注文ができず、成り行き注文しか受け付けません。場合によっては、予想もしない価格で買うことになる恐れがないとはいえません。

さらに、株数が本来の売買単位に満たないうちは、発行企業の株式名簿に株主として名前が載りません。

このため株主総会への出席はできません。株主優待も原則受けられませんが、分配してくれる証券会社もあります。

配当金や株式分割は証券会社がまとめて受け取り、保有株数に応じて分配してくれます。最近は証券会社ごとに「S株」「プチ株」「まめ株」「ワン株」といったミニ株に似た取引も増えています。

売買単位の10分の1に限らずl株の整数倍で買えるなど、ミニ株にない特色を打ち出しているので、チェックしてみましょう。

るいとう

ミニ株と並ぶ少額投資の手法が株式累積投資(るいとう)です。一定額を満み立て感覚で継続的に投資していくやり方で、月々1銘柄につき1万円以上1,000円単位で購入することができます。

自分で注文を出さなくても証券会社が自動的に買い付けをしてくれるので手間がかかりません。毎月一定額を買い付けるため、株価の高いときは少ない株数、安いときは多くの株数を購入することになり、結果的に平均購入価格を低く抑えることができる利点もあります。

このように定額買い付けによって購入価格をならす方法を「ドルコスト平均法」といい、長期の資産形成に適した手法とされます。

配当金や株式分割で生じた株は、持ち株数に応じて自動的に分配され、次回の買い付け時に再投資されます。


スポンサードリンク