スポンサードリンク



上場廃止

株式市場から「退場」

上場会社が一定のルールに抵触した場合、証券取引所が市場からの「退場」を申しわたします。これが上場廃止です。

上場廃上の理由には、株主分布状況、上場時価総額、売買高といった流通面の基準に抵触した場合があります。

また、会社の倒産、別の会社による完全買収といった経営上の理由のほか、有価証券報告譜へのウソの記載といった法令違反があります。

一方、会社側が上場のメリットがなくなったと判断し、自主的に上場廃止を申し出る場合もあります。

最近はグループ内の再編による上場子会社の完全子会社化、純粋持株会社設立に伴う事業子会社の上場廃止なども増えています。

紙くずになる場合、ならない場合

上場廃止になると株が紙くず同然になるという表現をよく目にしますが、必ずしもすべての場合に「紙くず」になるとは限りません。

会社更生、民事再生、破産などの各手続きに入り会社が倒産すると、経営を立て直すにしても、たいてい100%の減資が実施され、既存株式の価値はゼロになってしまいます。

再生した会社が再上場しても、元の会社とは別物なので、以前の株主におカネは返りません。この場合はたしかに紙くずです。

それ以外の場合は、会社の価値がゼロになるわけではないので、紙くずにはなりません。ただし、上場廃止になると、証券取引所で売買できなくなるので、自分で買い手を見つけなければなりません。

普通の投資家はその株式を売却できる場が事実上なくなってしまいますから、上場廃上になる前に市場で処分するのが一般的でしょう。

企業再編にからむ上場廃止の場合は、買収する側の会社などが市場で株式を買い取るので、これに応じることになります。

廃止が決まると整理銘柄に

上場廃止韮準に抵触する疑いが生じた際の主な流れとしては、まず上場廃上の「猶予期間」を経た後、改善がみられない場合は「監理銘柄」となり、上場廃止にすべきかどうか検討されます。

廃止が決まった場合は「整理銘柄」に指定され、原則として1カ月、売買が認められた後、上場廃止となります。

東京証券取引所のホームページでは、監理・整理銘柄の指定状況や過去の上場廃止銘柄などを確認できます。

新興市場

ベンチャー企業が上場

成長性の高いとみられるベンチャー企業中心に上場している、新興市場と呼ばれる株式市場があります。

東京証券取引所のジャスダック、マザーズ、TOKYOPROMarket、名古屋証券取引所のセントレックス、福岡証券取引所のQ-Board,札幌証券取引所のアンビシャスの計6117場です。

上場会社数が約880社(2013年12月現在)と最も多いジャスダックは、日本証券業協会が1960年代に創設した店頭登録制度を源流とする日本初の新興市場で、現在は東証が運営しています。

ジャスダックは市場が上場会社の性格によって2つに区分され、一定の事業規模と実績があり事業の拡大が見込まれる企業群を対象とした「スタンダード」と、特色ある技術やビジネスモデルを持ち、将来の成長可能性に富んだ企業群を対象とした「グロース」があります。

東証はマザーズ、プロ投資家向け市場のTOKYOPROMarketと合わせ、計3つの新興市場を運営していることになります。

名古屋、福岡、札幌の各新興市場は、地元企業のほか、広く全図の成長企業に門戸を開いています。

緩やかな上場基準

これらの新興市場の特色は、一般の1部市場や2部市場に比べ、上場基準が緩やかであることです。

たとえば東証マザーズの場合、赤字企業でも韮準を満たせば上場することが可能です。このため規模は小さいながらも、独自の技術やビジネスモデルを持った将来性のある企業が多数上場しています。その一方、経営基盤が不安定で、業績が急速に悪化したり、最悪の場合、倒産したりするリスクも大きいといえます。

株価の変動大きく

こうした会社の特徴を反映し、株価の動きも振れ幅が大きいことが特色となっています。新興企業株は将来の成長の可能性という魅力があるとはいえ、一般の株式よりもさらに「ハイリスク・ハイリターン」の度合いが大きく、投資経験の浅い初心者は避けた方が無難といえるでしょう。

証券略称・証券コード

「ハウス」って何の会社?

新聞の相場表や証券会社の店頭などにある株価ボードを見ると、銘柄の名前がずらりと並んでいます。


スポンサードリンク



どれも会社の名前ですが、正式社名ではないものがほとんどです。スペースの都合上、正式社名を入れる余裕がないため、社名を短くした独特の呼び名を銘柄名として使っているのです。

これを証券略称といいます。トヨタ自動車が「トヨタ」、武田薬品工業が「武田」のようにわかりやすいものが大部分ですが、なかには慣れていないと勘違いしてしまうものもあります。

例えば「ハウス」。カレー大手のハウス食品グループ本社ではありません。住宅メーカーの大和ハウスエ業です。

ハウス食品グループ本社の略称は「ハウス食G」です。最近増えてきた持ち株会社の多くは、社名に持ち株会社を意味する「ホールデイングス」が付きますが、略称では「HD」と記すことが一般的です。なお略称は新聞紙面と株価ボードなどでは異なる場合があります。

証券コードは背番号

会社の名前には似ていて紛らわしいものが少なくありませんし、短縮した証券略称だとその傾向がさらに強まります。

間違えて別の会社の株に売買注文を出してしまっては大変なことになります。そこで株式市場では、上場会社のひとつひとつに「背番号」に当たる数字を割り振り、混乱のないようにしています。これが証券コードです。

証券コードは4ケタで、食品が2000番台、電気機器が6000番台といったように、おおむね業種によって決まっています。

ただし元来9000番台である通信やサービスなどについては、このところ上場会社の数が増えて割り振る番号が足らなくなり、4000番台などに回すことが増えています。

証券コードは、インターネットで会社の情報を検索する場合に役立ちますし、証券会社に売買注文を出す場合に必要になります。気になる銘柄の証券コードは、ネットや「日経会社情報」などでチェックしておきましょう。


スポンサードリンク