スポンサードリンク



初心者でも簡単にできる日経225先物

ただ一つの購入対象

株やFX、その他の先物やオプション投資と比較しても、日経225先物取引は、初心者でも簡単にできる傾向があります。

まず、理由のひとつめは、購入するものがただひとつ、日経平均の指定銘柄の「225銘柄」の平均株価指数のだた一つだけだということです。

株の取引は銘柄選びでまず決まる

株取引の場合では、数多くある銘柄の中から、購入銘柄を選択するわけです。それには、企業の財務状態から事業の将来性など多くの分析項目があります。

初心者に「何の銘柄をいつ買うのか」の判断はなかなか難しいのです。

→使えるマニュアルやツール

売りと買いしかない

日経225先物は、日経平均株価の株価指数を売買することで、利益を得る取引です。単純に言えば、日経平均が上がる思えば「買い」、下がると思えば「売り」の売買をするだけです。

問題点としては、売買手数料が高価だったということなのですが、最近、多くの証券会社で日経225先物を取り扱うので、手数料が下がってきているので魅力が増しているのです。

システムトレードという世界

シンプルな売買を繰り返すだけですから、知識も少なく、判断力もない初心者でも簡単にできるということなのです。

さらに、売買ルールを決めておけば、機械的に売買を任せるシステムトレードでの運用ができるので、プロの投資家でも愛好家が多いわけです。

→使えるマニュアルやツール

日経225先物と株の違い

知識と経験がものをいう銘柄選び

株式投資では、すべての市場をみればトータルでおよそ4000もの銘柄が存在しています。

その膨大な数の銘柄の中から、投資に適した株を分析して選び出すわけです。

勝つための第一歩が、この銘柄の選択で、これが難しいわけです。

この銘柄の抽出作業で、投資の初心者は良い銘柄を探すことが難しく、株で勝つのは簡単なことではないのです。

先物取引とは

日経225先物取引は、株式市場に上場している中から選び出された225銘柄の株価指数が計算によって出されるので、その株価指数を売買します。

一定の期日に取り決めた売買価格での取引を先に約束しておくので、先物取引といいます。

→使えるマニュアルやツール

リスクが少ない取引

株式投資のように個別銘柄を選び出すのでなく、つねに選び出された225銘柄の未来の株価平均値に投資をするという方法です。

特定の企業に投資を行っていないので、突発的事故による大暴落や、企業の倒産により株の価値がゼロになってしまうといったリスクがありません。

売りでも買いでも稼げる

株式投資では、信用取引口座を開設しない限りは、「買い」からしか取引できないのですが、日経225先物取引では、売りからでも入れます。

今後、株価が下落すると予想できるのであれば、「売り」になり、上昇局面でも下落局面でも稼ぐことができるのです。

→使えるマニュアルやツール

日経225先物取引とFXの違い

時間の制約がないFX

FXの取引時間は、月曜から土曜日の朝まで24時間取引ができます。

日経225先物取引の取引時間は平日の昼場、夕場のみです。これはFXに比べれば不便です。


スポンサードリンク



通貨の選択には専門的な知識が必要

FXの投資対象となる通貨は多いところでは100通貨以上あるので、日経225先物と比べれば選択肢が多いことになります。

また、そのために指針となる知識が必要になります。基礎知識を本で読んだり、FXの参考書を読んでしっかり勉強する必要があります。

リスクの大きさが計り知れないFX

また、FXは25倍のレバレッジをかけることができます。これは少しの為替の変動でも損益が大きく動くということです。

短期間で10円近く自分の思惑と逆方向に為替が動くこともあり、損失が拡大し、証拠金が一気に消えて無くなることも起こります。

スイングトレードは225向き

スイングトレードは1日~数日間のポジションを取るので、初心者でも勝ちやすいわけです。チャートが不規則なFXではあまりおすすめできません。

株や日経225は比較的読みやすいチャートの動きをするので、うまくやればスイングトレードでも利益を出すことが可能です。

→使えるマニュアルやツール

ETFと先物の違い

日経225ETFは安定志向

ETFは投資信託で中長期投資向きです。ある程度の資金がないと運用しても利益が出ません。

日経225ETFはレバレッジが効きませんから、大きな利益を得ようとするとある程度大きな資金での運用が必要で、長期投資向けになるのです。

日経225先物は短期投資向き

日経225先物は、FXと同じ25倍のレバレッジがあります。実際の資金よりはるかに大きな取引ができるので、少ない資金でも大きな利益を得ることができます。

上昇トレンド時の「買い」はもちろんのこと、売りからも入ることができます。日経平均は為替のドル円相場との強い相関をみて、市場が下落しそうなら「売り」から始めます。

日経225先物取引で成功するために

補助的に使えるもの

自分であれやこれや考えてもまず失敗します。かといって、しっかり勉強してからと言うことになると、なかなか前に進めません。

こういうときに、さまざまな補助資料としてのマニュアルが存在します。すでに、失敗と成功を経験した方が示す方向性ですから、利用すれば成功する可能性は高くなります。

ただ、それぞれ、得意不得意の部分があり、それをわかった上での運用が成功への近道です。




Kanmei225

正式名はKanmei225~簡明過ぎて失敗できない日経225先物トレード法、という長いものです。

方法は本当にシンプルで、チャート1枚にローソク足と4本の線だけです。そのうち、主に使うのはそのうち2本で残り2本は補助線です。

初心者でもトレードが苦手な人でも、今まで成果が上がらなかった人でも、わかりやすく簡単で成果が期待できます。

ルールを予め設定しておけば、ツールが自動的にトレードしてくれます。チャートを見ながらの売買はどうしても時間が限られるので、自動売買の方が便利です。





コツコツ225

正式名はコツコツ225 ~日経225デイトレ、裁量トレーダーの基礎教科書~という長い名前のマニュアルです。

日経225先物は本当に、極めてシステマティックな動きをするので、目をつけるポイントはたった1つで大丈夫です。

エグジットルールが4パターンになります。ソツのない裁量テクニックでコツコツ225のロジックを身につけていけば、長い間儲け続けることができるわけです。





Futures Legend

相場の機が熟するのを待ってから大きく取りにいく手法になります。いままで投資をやってみたがうまくいかなかった人、先物取引に興味があり、基礎を学びたい人はぜひ取り組んでみてください。

マニュアルは基礎からしっかり学ぶようにできています。マニュアルをしっかり読んで初心者の方でも無理なくスタートする事ができます。

ロジックは非常にシンプルです。優位性を持つ手法ながら機械的に取引ができる事が大きなメリットの取引手法です。年間に10回程度しかの出動せず、利回り30%程度になります。


スポンサードリンク