スポンサードリンク



投資信託

小口資金を集め運用

投資信託(投信)は、不特定多数の小口資金を集め、プロの運用者が国内外の株式や債券などでその資金を運用し、運用の成果を投資家に還元する仕組みです。

販売窓口は証券会社や銀行、保険会社などですが、実際に運用の指図をするのは投信委託会社と呼ばれる運用会社です。

現金や証券は運用会社が直接保管するのでなく、信託銀行に預けられます。投資家は払い込んだ現金と引き替えに受益証券という証書を受け取ります。

おもに株式で運用する投信を株式投信と呼びます。運用会社のファンドマネジャーが独自の銘柄の選択を行うタイプをアクティブ型、株価指数への連動を目指し銘柄を機械的に選ぶタイプをインデックス型といいます。

分散設定が可能

投資家が自分で直接、株式を売買する場合に比べ、投信にはいくつかの利点があります。まず、小口資金で投資できる点です。

個別銘柄を買うには多くの場合、数十万円以上のまとまった資金が必要なのに対し、投信は大半が1万円程度から購入が可能です。

次に、分散投資ができる点です。資金を大量に集めて幅広い銘柄に投資するので、ある銘柄は株価が下がっても別の銘柄は上がっているということも多く、単独の銘柄に資金を集中する投資方法に比べ、リスクが軽減できます。

手数料に注意

一方で注意点もあります。まず、手数料です。多くの株式投信では購入時に買い付け額の2%台程度の販売手数料を取られ、運用時には1年あたり1%台程度の信託報酬がかかります。

最近はノーロード投信と呼ばれる販売手数料ゼロの投信も増えており、信託報酬もインデックス型を中心に年1%未満の低いものもありますが、通常の株式投資に比べコストがかかる点は否めません。

また、プロに運用を任せるからといって、絶対に損をしないわけではありません。株式や債券などで運用するのですから、通常の投資と同じように、元本割れのリスクはあります。

信用取引

少ない元手で取引可能

信用取引とは、投資家が証券会社から資金や株式を借りて株を売買する取引のことです。手元にまとまった資金がなくても、ある程度の資金を担保として入れることで、多額の買い付けができ、株を持っていなくても売り付けることが可能です。

少ない元手で、多額の取引をしたのと同じことになるので、成功したときの利益は大きくなります。

しかし失敗したときには元手に対して大きな損失が出ることも覚悟しておかなければなりません。

信用買いのしくみ

信用取引を使って株を買うことを「信用買い」または「カラ買い」といいます。通常、証券会社に溌初に預けた資金の最大3倍程度の資金を借りることができるので、手持ち資金の3倍程度の株取引ができることになります。

購入後に株価が上がってその株を売却すれば、証券会社から借り入れた資金以上の代金が手に入ります。

借入金と利息を返済してももうけが残ることになります。読みがはずれて株価が下がってしまった場合、投資家は借入金の返済期限(伝統的な信用取引では6カ月後)までに

①信用買いした株を売って現金にして返す
②自分で現金を用意して株を引き取る

のどちらかの形で取引を清算しなければなりません。

信用売りのしくみ

一方、信用取引で株を売ることを「信用売り」ないし「カラ売り」といいます。投資家は証券会社から借りた株を市場で売り、期限内に買い戻して返却します。

当初売った株価より安い値段で株を買い戻せればもうけが出ますし、逆に高い値段でしか買い戻せなければ損をします。

つまり株価が下がればもうかり、上がれば損をするのが信用売りなのです。信用買いは株価がゼロになればそれ以上損をすることはありませんが、信用売りは株価が上がれば上がるほど青天井で損が膨らみます。

IPO銘柄

株式市場にデビュー

企業が、不特定多数の投資家が売買できるよう株式を新たに公開(上場)することを新規株式公開といいます。

英語でInitial Public Oiferingと呼ばれ、略してIPO(アイ・ピー・オー)といいます。いわば株式市場へのデビューです。

上場に先立って、証券会社を通じ、新たに発行した株や、上場前からの株主が保有する株を一般投資家に売り出します。


スポンサードリンク



これらの新規公開株は「IPO銘柄」とも呼ばれ、相場の状況によって上場悩後に大きく値上がりする場合があるため、投盗家に根強い人気があります。

購入の申し込み

IPO銘柄を購入するには、「ブックビルディング」に参加するのが一般的です。これは株式上場の手続きを主として請け負った証券会社(主幹事証券)が事前に一定の価格帯を提示し、投資家の希望購入株数や希望価格を積み上げる作業で、主幹事証券はこの結果をもとに公募・売り出し価格を決定します。

ただし証券会社が自社のホームページなどで告知するIPO銘柄は、その証券会社が上場手続きにかかわる株だけです。

すべてのIPO銘柄について情報をチェックしたい場合は、日経電子版の「新規上場スケジュール」などを活用しましょう。

公募価格割れのリスクも

ブックビルディングに参加しても、必ずIPO銘柄が手に入るわけではありません。公募価格が決まった後に株を顧客にどう分けるかは、多くの場合、証券会社次第です。

営業マンが得意客に優先的に販売することもあります。ネット専業証券の多くは完全抽選性を採用していますが、多くの投資家の申し込みが殺到するため、当選の確率はかなり低くなります。

運よくIPO銘柄を入手できたとしても、上場後に値上がりする保証はありません。IPO銘柄の大半が上場する新興市場は値動きが荒くなりやすく、市場の環境が悪いと、上場後付く株価が公募・売り出し価格を割るリスクもあります。

このような場合、あきらめて売却し損を確定するか、株価の回復を辛抱強く待つことになります。


スポンサードリンク